メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怪盗道化師 5

 <広げよう おはなしの輪>

     ◆怪盗道化師ピエロ

    ぶん はやみねかおる  楢喜八(なら・きはち)

     じんさんは、バカらしいなとおもいながらも、ティーカップをかそうとしました。

     しかし--。

     どれだけつよねんじても、ティーカップは、ビクともうごきません。

    「どうしたね?」

     ろうしているじんさんをて、がききました。

     しかし、じんさんのみみにははいっていません。

     --さっきはかるがるかせることができたティーカップが、どうしてこんかないんだ……?

     じんさんのひたいに、あぶらあせかんできました。

     やがて、ちょうのうりょく使つかたしたじんさんは、うしないました。

             ◇

     どうして、ティーカップはかなかったのでしょう……?

     しょうがくろくねんせいに、「これはしょうがくいちねんせいもんだいだよ」とって、こうこうせいもんだいをわたしたら、どうなるでしょう?

     ろくねんせいは、ぜったいけるはずだとおもってるもんだいけないので、パニックをこします。

     おなじようなことが、じんさんにもこったのです。

     じつは、あとでかせようとしたティーカップは、くろいテーブルにひっつけてあったのです。

     そして、くろいテーブルは、いえゆかにひっつけてありました。

     さらに、いえは、めんにしっかりひっついています。

     ティーカップが、くわけありません。

     あと、がティーカップのなかれたほうこなは、ほんとうは、ただのとうだったのです。

     さて、けんにしてはめずらしく、へいかいけつしました。

    「いやぁ、よかった、よかった」

     西にしざわのおじさんは、かんぱいしたいぶんです。

     しかし、おじさんは、わすれてました。

     ゴロがかんだままになっているということを--。

     じんさんのちょうのうりょくがなくなったいま、どうすればゴロはりてこれるんでしょうね……?


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
    3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
    4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]