メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

クラロワプロリーグ 日本が首位キープ

「クラロワリーグ アジア」で対戦する日本の「FAV gaming」と韓国の「OGN ENTUS」=ソウルのeスポーツ専用テレビ局、OGNのスタジオで2018年6月1日、平野啓輔撮影

 コンピューターゲームの腕前を競い合う「eスポーツ」としてアジア大会公開競技のタイトルに選ばれ、注目されるスマートフォン向けゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)。今年3月、アジアにプロリーグが創設され、日本では4チームのプロ選手計16人が誕生した。現在、アジアのチームとの初の激烈なシーズン戦を戦っている。

 アジアリーグ戦は、日本はじめ韓国、東南アジア(台湾、インドネシアなど)から各4チームが参加し、4月…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです