メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

「近世の最高傑作」本丸御殿よみがえる

 「近世城郭御殿の最高傑作」とうたわれた名古屋城本丸御殿(名古屋市中区)が9年間の工事を経て復元された。4日に報道陣向け内覧会があり、400年前のきらびやかな姿がよみがえった。8日から全面公開される。

 完成したのは、三代将軍徳川家光の京都訪問のため、1634年に増築された将軍専用の宿泊所「上洛(じょうらく)殿」やサウナ式の蒸し風呂を備えた「湯殿書院」、清洲城にあった徳川家康の宿舎を移設したと伝わる「黒木書院」など、天守閣に近い御殿の「奥の院」。これで総面積約3100平方メートルの復元が完了した…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです