メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・研究チーム

ゲノム編集応用、遺伝子改変を効率化 

 遺伝子を改変する技術「ゲノム編集」を応用し、植物のシロイヌナズナで従来より大幅に効率よく遺伝子を改変できる方法を開発したと、中国科学院上海植物ストレス研究センターの研究チームが英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 ゲノム編集は、遺伝子を切断するたんぱく質「キャス9」とキャス9を切断したい遺伝子に案内するリボ核酸(RNA)を組み合わせたゲノム編集ツールを細胞に入れ、遺伝子を改変する技術。切断した場所に新たな遺伝子を挿入する場合、ゲノム編集ツール…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです