メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

NECエンジニア「知り尽くした探査機、最大限のサポートを」

「はやぶさ2を知り尽くしているからこそのサポートをしたい」と語るNECの安達昌紀・社会基盤ビジネスユニット主席主幹(左)と大島武・宇宙システム事業部プロジェクトディレクター=東京都府中市で2018年5月21日、池田知広撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が、今月下旬にも目的地の小惑星「リュウグウ」に到着する。5日には往路の最後のイオンエンジン連続運転を終え、これからはカメラでリュウグウを見据えながら徐々に近づいていく。難しい運用を支えるのは、探査機を開発・製造したNECのエンジニアたちだ。到着を前に同社のキーマン2人が記者会見し、「探査機を知り尽くしている立場から、最大限のサポートをしたい」と意気込みを語った。【池田知広】

 会見したのはNECの安達昌紀・社会基盤ビジネスユニット主席主幹と、大島武・宇宙システム事業部プロジ…

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  2. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  3. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  4. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです