メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

高安が稽古再開 左上腕回復「状態いい」、稀勢は稽古場現れず(スポニチ)

 左上腕三角筋部分断裂のため大相撲夏場所を全休した大関・高安(28)が東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を再開した。ゴムチューブを使った左上腕の強化などを行ってから、三段目力士を相手に相撲を取った。左からの投げなども見せ「感覚を確かめながらやった。左腕はだいぶ状態がいい」と明るい表情で話した。

     休場中は「相撲ファンの一人として相撲を見ていた」という。大関昇進を果たした栃ノ心の相撲内容に「安定感があった。盤石な相撲。ああいう相撲はファンを引きつける」と刺激を受けた様子だ。

     左大胸筋などのケガで7場所連続休場の横綱・稀勢の里(31)は稽古場に姿を現さなかった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)は「今日は検査と治療」と説明した。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです