メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウエアラブル

着る端末、人に動物に 心拍や体温データ化

心拍を計測するフィルム状導電素材「COCOMI」を貼り付けた肌着=東洋紡提供

 身につける情報端末、ウエアラブル製品が従来の腕時計型や眼鏡型から「衣服型」に進化している。大手繊維メーカー各社が開発を競っており、消防服などのほか、競走馬や乳牛向けの意外な分野にも浸透しつつある。【岡奈津希】

 東洋紡が2015年に開発した厚さ0・3ミリのフィルム状導電素材「COCOMI(ここみ)」は、心臓の電気信号を検知し、服などに貼ると着るだけで心拍が計測できる。16年には競走馬向けに実用化。フィルムを貼った腹帯カバーを馬に巻いて心拍を確認できるようにし、従来は人間の勘に頼ってきた調教のデータ化を実現した。

 現在は、この技術を居眠り運転の検知システムに応用しようと実証実験が進んでいる。COCOMIを貼った…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです