メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指型ロボット

ラット細胞で 義手や義足、開発に道 東大チーム発表

 ラットの細胞を培養して作った骨格筋と樹脂製の人工関節を融合させ、指を曲げたり伸ばしたりするように動かせる「指型ロボット」を開発したと、東京大の研究チームが米科学誌サイエンス・ロボティクスに発表した。より生体に近い義手や義足の開発や、身体の動作に関わる病気の治療薬などへの応用が期待されるという。

 チームは、ラットの筋肉の細胞を縦約8ミリ、横約4ミリ、厚さ約0・5…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです