メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指型ロボット

ラット細胞で 義手や義足、開発に道 東大チーム発表

 ラットの細胞を培養して作った骨格筋と樹脂製の人工関節を融合させ、指を曲げたり伸ばしたりするように動かせる「指型ロボット」を開発したと、東京大の研究チームが米科学誌サイエンス・ロボティクスに発表した。より生体に近い義手や義足の開発や、身体の動作に関わる病気の治療薬などへの応用が期待されるという。

 チームは、ラットの筋肉の細胞を縦約8ミリ、横約4ミリ、厚さ約0・5…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです