メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指型ロボット

ラット細胞で 義手や義足、開発に道 東大チーム発表

 ラットの細胞を培養して作った骨格筋と樹脂製の人工関節を融合させ、指を曲げたり伸ばしたりするように動かせる「指型ロボット」を開発したと、東京大の研究チームが米科学誌サイエンス・ロボティクスに発表した。より生体に近い義手や義足の開発や、身体の動作に関わる病気の治療薬などへの応用が期待されるという。

 チームは、ラットの筋肉の細胞を縦約8ミリ、横約4ミリ、厚さ約0・5…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです