メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 さまざまなメディアでセクハラ批判が止まらない。それはそうだろう。今まで黙っていた分、一気に噴き出しているのだ。拍車をかけたのは、被害者の女性記者を犯罪者扱いした元文部科学相や、運動に立ち上がった女性たちに対する衆院議員の「セクハラとは縁遠い方々」発言である。

 そこに見えてきたのは、女性を分断している男性の意識である。江戸時代の事例がわかりやすい。井原西鶴は「傾城(けいせい)」と「地女(じおんな)」という名称で、女性を分類してみせた。遊女と普通の女性という意味である。遊女は性的な対象で、その中でも傾城と表現されたのは、高い教養と芸能に優れ、日本文化の一端を担った女性たちのことである。地女はまさにその名のとおり土地…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]