メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア抑留

抑留者らが国会内で遺骨の早期収容訴え

 第二次世界大戦後、ソ連が行ったシベリア抑留の実態解明と遺骨収容の課題を考える集いが国会内で開かれ、抑留経験者や遺族、国会議員ら100人余りが参加した。

 日本人60万人が最長11年拘束された抑留を巡っては2010年6月、政府に実態解明や遺骨収容を課した「シベリア特措法」が議員立法で成立した。この日は厚生労働省の担当者も出席し、これまでの成果を説明した。政府推計で5万5000人の死…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです