メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観を語る

込山榛香さん(AKB48 チームK) どこか懐かしい

込山榛香(こみやま・はるか)さん

 AKB48劇場での公演と公演の合間をぬって東京展会場を訪れました。これだけ多くの絵画を、生で見るのは初めて。貴重な体験でした。

     もこもこした雲の上に富士山が浮かぶ「群青富士」、長い長い巻物の「生々流転(せいせいるてん)」。この「胡蝶花」では、葉の陰からキュートなイタチがひょっこり姿を現します。絵を眺めている私の方を見つめていて、まるで本物に出くわしたみたい。作品の中に広がるのは私の見知らぬ世界のはずなのに、どこか懐かしい物語が聞こえてきます。

     そんな楽しさを、AKB48のメンバーのみんなにも、ぜひ伝えたいと思いました。=随時掲載


     「生誕150年横山大観展」は6月8日から7月22日まで、京都国立近代美術館(京都市左京区、075・761・4111)で。前売り料金は一般1300円、大学生900円、高校生400円(当日券は各200円増し、中学生以下無料)。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
    3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
    5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]