メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴神月(なるかみづき)

 歌舞伎十八番に「鳴神(なるかみ)」という、なかなか艶(つや)めいたお芝居がある。今の言葉で言うハニートラップ、甘い罠で信仰心厚い男を籠絡(ろうらく)させ、神通力を失わせる、というお話。

 お世継ぎができない天皇が、鳴神上人に祈願したおかげで、見事お世継ぎが生まれたのに、天皇は神社建立の約束を反故(ほご)にしてしまう。上人は腹を立てる。そして神通力で龍神(りゅうじん)を滝壺(たきつぼ)に閉じ込めて、雨を降らせないようにしたのである。

 これに困ったのは民百姓(たみひゃくしょう)で、どうにかして上人の呪術をほどいて龍神を解き放ち、田畑…

この記事は有料記事です。

残り5289文字(全文5567文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです