メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

追い込まれる選手=中村秀明

 <sui-setsu>

 「どうして、日本の女子マラソンは世界で勝てなくなったのでしょうか?」

 高橋尚子さんを指導した大阪学院大学の山内武教授が問いかけた。東京五輪を盛り上げる催しではない。東京都内で先週末に開かれたスポーツ選手の摂食障害を考えるシンポジウムである。

 山内教授は「駅伝競技の過熱などによる『軽量化戦略』に原因がある」と語った。

 結果をほしがる学校部活動の指導者は、即効性のある対策として体重を落とすことを求める。記録は伸びるが…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです