メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

苦悩の始まり エルサレム支局・高橋宗男

 パレスチナ自治区ガザの中等学校(日本の中学、高校)では今、学年末試験が真っ盛り。だが、最上級生のイブラヒム・ザルカさん(18)は試験を受けられなかった。ガザの助手が送ってくれた「殉教者リスト」(アンサール慈善協会発行)をめくると、59番目にイブラヒムさんが載っている。「活発で成績も優秀。大学に進むのを楽しみにしていた」。助手の本業は教師。イブラヒムさんは教え子だった。

 パレスチナ難民が故郷への帰還権を求めるデモが始まった3月30日以降、少なくとも120人がイブラヒム…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです