メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

牛乳瓶のふた 直径3センチに詰まる少年の心

「これでもまだ、ほんの一部なんです」と紙キャップのコレクションを見せる和田安郎さん=宮城県富谷市で、梅田啓祐撮影

 牛乳瓶のふた(紙キャップ)を集めて実に約60年。大学非常勤講師の和田安郎さん(71)=宮城県富谷市=が直径約3センチの円形に寄せる思いは、時がたっても変わらない。ふた集めの醍醐味(だいごみ)って何だろう。

 「ゴミじゃないですよ、偉大なる小物です!」

 机の上に置かれたのは薄茶色をしたボロボロの菓子箱。年季を感じさせる表面には「珍しい牛乳のふた」という筆の跡が。これって、もしかして。「そう、僕が書いたの。60年前にね」。イタズラっ子みたいに笑う和田さんを横目に箱を慎重に開ける。色彩豊かな紙キャップが顔をのぞかせた。独特な配色を施したもの、牛の絵を描いたもの。個性が目を引きつける。

 生まれも育ちも仙台市の和田さんは、市の保健所次長や科学館長などを歴任。現在は宮城学院女子大で食品衛…

この記事は有料記事です。

残り1955文字(全文2297文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです