メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

サッカー日本代表・槙野智章さんの父母 槙野成伸さん、令子さん/上 1点500円、楽しみを結果に

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日(日本時間15日)に開幕する。6大会連続出場の日本代表で最終ラインを任される槙野智章選手(31)=浦和レッズ=の両親は、「幼いころから病気ではなく、けがが心配だった」と振り返る。その活発さをサッカーで存分に発揮できるよう導いた。

 「色黒で、サルに似ていてどうしようと思った」。母令子さん(59)は、槙野選手の出生時の思い出をそう語る。3800グラムで生まれてきた男の子は、母乳が出ないと怒って泣くほど元気いっぱい。「器量は徐々に愛らしくなった」(令子さん)といい、9カ月で歩き、11カ月で走った。

 3人兄弟の末っ子で、広島市で育った。赤ちゃんの頃からおもちゃはボール。父成伸さん(61)と兄たちが…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです