メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

新刊 『被災地から学ぶ かぞくの防災』=日本アムウェイ財団、徳間書店かぞくの防災調査班・著

 東日本大震災で被災した14人の胸に迫る体験談とアドバイス、識者の知見をまとめ、近い将来に必ず起きる大災害にどう向き合うかを提示する。発生から7年がたち、被害の記憶の風化が懸念される中、「自分の命は自分で守る」との強い意識を持ち、語り継ぐだけではなく防災を行動で示して次世代に伝える重要性を説く。カラーイラスト満載で読みやすく、親子で日ごろの備えについて語り合うのにぴったりの一冊だ。(徳間書店・1620円)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
    4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]