メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 健康長寿を進めたもの 目標掲げ続けた滋賀県=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 都道府県別の平均寿命(2015年)が昨年12月に厚生労働省から発表された。男性は1位が滋賀県81・78歳、2位が長野県81・75歳。女性は、1位が長野県87・675歳、滋賀県は87・57歳で4位である。長らく首位を守ってきた長野県が、男性の首座を滋賀県に明け渡したので、話題を呼んでいる。

 長野県は「健康長寿世界一」を目指していただけにショックを受けているという。なぜに滋賀県が抜いたのか。毎日新聞3月4、7日の記事で大島秀利記者が解説した。大変興味深い。

 滋賀県は、男性の喫煙率が2000年には全国平均より8・8ポイントも高い56・2%だったが、09年に…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1106文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです