メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怪盗道化師 6

 <広げよう おはなしの輪>

     ◆怪盗道化師ピエロ

    ぶん はやみねかおる  楢喜八(なら・きはち)

    あくはあくまであくである』

     あいわらずきゃくのいない西にしざわしょてんでは、おじさんが『だれにでもわかるやさしいあくがくにゅうもん』をかたに、べんきょうしています。

    「ふ~ん。あくは、ななひゃくよんじゅうまんせんきゅうひゃくじゅうにんいるのか……。あれ? こっちには、よんせんよんひゃくろくじゅうさんまんせん百(ひ

    ゃく)ろくじゅうきゅうにんっていてあるぞ。こっちには、じゅうななおくせんはっぴゃくろくまんよんせんひゃくななじゅうろくにん……。いったい、どれがほんとうなんだろう? ゴロ、おまえにはわかるか?」

     はなしかけられたゴロは、きょうなさそうに、おおきなあくびをしました。

    「まぁ、これだけいるんだから、なかにはひまあくもいるだろう。よし、そのなか一人ひとりてきてもらおう!」

     おじさんは、『だれにでもわかるやさしいあくがくにゅうもん』のページをペラペラめくります。

    「えーっと……。あくすには……」

     もくてきのページをつけました。

    「なになに? 『さいしょに、じゅうにちかんだんじきをする』だって?」

     おじさんは、パタンとほんじ、かんがえました。

     --じゅうにちかんも、ごはんべるのをがまんできるだろうか……?

     こたえは、すぐにました。

     --できるわけない!

    「これは、パスすることにしよう」

     かっなことをって、つぎすすみます。

    つぎひつようなものは、ヤギのかわ……」

     また、おじさんはかんがえます。

     おじさんがむどんでには、ヤギも大人おとなのヤギもいません。

     かわようするのは、です。

     --わりに、ゴロのかわ使つかうのは、どうだろう?

     おじさんが、ゴロをます。

     ゴロは、おじさんのつきをて、「ガルルルル!」ときばをむきました。

    かたない。これも、パスしよう」

     ひつようなものをし、どんどんページをめくります。


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/


     連載へのご感想やご希望は、〒530-8251(住所不要) 毎日新聞学芸部(ファクス06・6346・8204、メール osaka.gakugei@mainichi.co.jp)へ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
    4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
    5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]