メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大

ラット細胞を培養 「指型ロボット」開発

 ラットの細胞を培養して作った骨格筋と樹脂製の人工関節を融合させ、指を曲げたり伸ばしたりするように動かせる「指型ロボット」を開発したと、東京大の研究チームが米科学誌サイエンス・ロボティクスに発表した。より生体に近い義手や義足の開発や、身体の動作に関わる病気の治療薬などへの応用が期待されるという。

 チームは、ラットの筋肉の細胞を縦約8ミリ、横約4ミリ、厚さ約0.…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、3連敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです