メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

休場中の稀勢、朝稽古再開 非公開、「頑張る」

 大相撲で左大胸筋などのけがのため7場所連続休場中の横綱稀勢の里が5日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けて朝稽古(げいこ)を再開した。報道陣には非公開で、部屋関係者によると四股などの基本運動をこなしたり、若手力士に胸を出したりしたという。

     稀勢の里は帰り際に「ここから、また頑張ります」とだけ述べ、迎えの車に乗り込んだ。

     5月の夏場所を全休した稀勢の里は横綱の連続休場で年6場所制となった1958年以降、貴乃花と並び最長になった。横綱審議委員会は名古屋場所の出場を義務付けず、万全な状態での復帰を求めている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです