メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 劇場の幕が下りかけた時、主役が久々に登場したようだった。

 森友学園をめぐる検察の捜査が終わった。先月下旬、前理事長の籠池泰典被告は10カ月ぶりに保釈された時、長期間の勾留を「国策だ」と批判した。逮捕前、国有地売買に安倍晋三首相の妻昭恵氏の影響があったと述べた籠池被告。検察が政権に配慮し、口封じのために長期間、身柄を拘束したのではないか。そんな見方をする人もいたが、それは違う。なぜなら長期勾留は珍しくないからだ。

 裁判所は検察の請求を受け、証拠隠滅や逃亡のおそれがあると判断した場合、勾留を認める。だが、無罪を主…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです