メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

加藤登紀子/増田恵子=専門編集委員・川崎浩

加藤登紀子 人生の矛盾を紡ぐ

 4月21日、東京のオーチャードホールで、自分の半生と時代を画した名歌を重ねたコンサート「TOKIKO’S HISTORY 花はどこへ行った」を成功させたばかりの加藤登紀子が、30日には東京・丸の内のライブハウス・コットンクラブで「百歌百会 Vol2」を開く。娘Yaeをプロデュースしたり自伝を書いたりと、とにかくエネルギッシュでキラキラ輝く74歳である。コットンクラブでも「コンサートは重めだったから、ラブソングを中心に構成する。ライブは軽やかにいかなきゃね」と、にぎやかな舞台になりそうである。

 「人生は理屈通りにはいかない。心と体は矛盾するものよ。私は、誰にもうそをつきたくないから歌手になっ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文727文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです