メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

不妊手術問題 計36人の名前発見 県が調査結果公表 /茨城

 旧優生保護法下(1948~96年)での不妊手術問題で、県は6日、県立歴史館(水戸市)などに保管されていた関連資料の調査結果を発表した。同法に基づき手術を受けた女性2人の名前が書かれた資料が新たに見つかり、これまでに計36人の名前が判明。うち少なくとも23人は本人同意を必要としない強制的な手術だったことを示す記載があった。

 県少子化対策課によると、新たに見つかった2人はいずれも女性で、精神病院への措置入院に関する1969…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです