メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国策の町

玄海原発との半世紀/11 物言わぬ風土 /佐賀

 5月24日早朝、玄海町有浦下の農業、青木一(80)は玄関前に新聞を取りに出た。新聞受けには購読する佐賀新聞とは別に、ビニール袋に入った毎日新聞があった。新聞には付箋が貼られ、佐賀面で九州電力玄海原発に反対する自分の記事が載っていた。メモもなく、送り主は分からなかった。

 同じことが昨年、別の町民にもあった。「(玄海原発は)ない方がいい」と話したことが記事になった女性は、その約1週間後、自宅前に置かれていた毎日新聞を見つけた。漁村である女性の集落の人々は原発建設による補償金を受け取り、原発賛成派が多い。新聞を“無言の圧力”と感じた女性は「もう取材は受けない」と取材した記者に伝えた。

 「玄海町は何も言えない町なんだなって、つくづく思いました」。諸浦地区の印刷業、平山潮恩(みちお)(…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文933文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]