メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非営利法人「善意」の陰で

脱法売買 全国11法人売り出され、仲介業者も 口座乱造、詐欺に悪用

 市民の善意で運営し、営利を目的としないはずの「特定非営利活動法人(NPO法人)」が売買されている実態が、毎日新聞の取材で明らかになった。全国で11法人が仲介業者などを介して売りに出され、うち6法人は実際に売買されていた。買い取った直後に法人名義で口座を多数開設し、詐欺に悪用したNPO法人もあった。施行から20年を迎える特定非営利活動促進法(NPO法)は売買を禁じていないが、法の趣旨に反する脱法行為だとして、専門家から制度改善を求める声が上がる。(3面に「質問なるほドリ」、社会面に「『善意』の陰で」)

 11法人のうち6法人は、仲介業者のサイト上で販売され、売値は最高360万円。法人名や都道府県を除く…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです