メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

スクープ、国後島ルポ 日ソ外交に影響与える

山谷賢量さんが1989年4月に撮影した国後島の旧市街。日本の民家はほとんど姿を消していた=山谷さん提供

 「44年ぶり 国後を見た」。1989年4月22日、北海道新聞は朝刊1面にスクープを放った。戦後、ソ連が実効支配してからの北方領土に西側報道機関の記者が入るのは、初めてだったとされる。国後島の街並みの写真を添えた記事は、日本人の造った瓦ぶきの家が姿を消し、日本人の墓が横倒しにされた様子を伝えた。

 ソ連はペレストロイカ(改革)路線の中、前年の88年7月、ゴルバチョフ書記長が中曽根康弘元首相に面会し、領土問題の存在を事実上認めていた。

 モスクワに北海道新聞の支局長として赴任した山谷賢量(やまやけんりょう)さん(70)は、変革の波を実…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1419文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]