メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

スクープ、国後島ルポ 日ソ外交に影響与える

山谷賢量さんが1989年4月に撮影した国後島の旧市街。日本の民家はほとんど姿を消していた=山谷さん提供

 「44年ぶり 国後を見た」。1989年4月22日、北海道新聞は朝刊1面にスクープを放った。戦後、ソ連が実効支配してからの北方領土に西側報道機関の記者が入るのは、初めてだったとされる。国後島の街並みの写真を添えた記事は、日本人の造った瓦ぶきの家が姿を消し、日本人の墓が横倒しにされた様子を伝えた。

 ソ連はペレストロイカ(改革)路線の中、前年の88年7月、ゴルバチョフ書記長が中曽根康弘元首相に面会し、領土問題の存在を事実上認めていた。

 モスクワに北海道新聞の支局長として赴任した山谷賢量(やまやけんりょう)さん(70)は、変革の波を実…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです