メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

安倍政権5年半で何があったのか=白井聡・京都精華大専任講師

 各紙紙面は、連日「モリカケ、モリカケ、モリカケ……」である。正直なところ食傷気味だが、新聞社が悪いわけではない。森友学園問題が表面化してから、すでに1年以上が経過した。「私や妻が関係していたら、首相も議員も辞める」と安倍晋三首相が大見えを切ってから起こったことのリストは長大なものとなる。

 高級官僚による虚偽答弁の連発、経過を国会答弁に適合させるための公文書の改ざんと隠蔽(いんぺい)、虚偽答弁を貫き通した佐川宣寿前国税庁長官の昇格と失墜、籠池泰典前理事長夫妻に対する異常な長期勾留、憲法違反との指摘が相次いだ臨時国会開会の遷延と冒頭解散。会計検査院への対応を巡る財務省と国土交通省の口裏合わせの疑惑も最近加わった。

 財務省が5月23日に国会に提出した森友学園との交渉記録文書では、昭恵氏付職員だった谷査恵子氏が、同…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです