メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ・セブン

燃料電池車で配送 来春実験

燃料電池小型トラックによる配送の実証実験を発表するトヨタ自動車の友山茂樹副社長(右から2人目)とセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(同3人目)=東京都内で

 セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は6日、2019年春から、水素で発電して走る燃料電池(FC)小型トラックによる商品配送の実証実験を共同で始めると発表した。乗用車で実用化しているFC技術を商用車に応用する可能性を探り、二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる。

     トヨタが開発したFC小型トラックを使い、19年春以降、東京・羽田空港周辺のセブンの店舗への商品配送などを行う。小型トラックは、1回の水素の充填(じゅうてん)で約200キロ走行できる。

     19年秋以降、トヨタが実用化を目指すFCの発電機も店舗に設置する予定。両社は、17年8月からCO2排出削減に向けた連携を検討していた。

     6日、記者会見したセブンの古屋一樹社長は「トヨタの協力でCO2削減をさらに進めたい」と強調。トヨタの友山茂樹副社長は「産業車両へのFCの活用に意欲的に取り組みたい」と話した。【竹地広憲】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです