メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療機関

被ばく線量、記録義務化 厚労省方針

 厚生労働省は6日、コンピューター断層撮影(CT)など放射線診療に関し、患者の被ばく線量の記録と患者への説明を医療機関に義務づける方針を決めた。日本は被ばく線量が世界的にも高く、過剰な被ばくを防ぐ狙いだ。同省は医療法施行規則を改正。医療機関の準備期間を数年設けた上で施行する。

     放射線被ばくを繰り返すと、不妊や白内障、がんのリスクが高まると指摘されるが、線量記録について明確な法令上の規定はない。

     厚労省の方針では、CTなど被ばく線量が比較的高い検査については線量の記録を求める。複数の医療機関の間でのデータ共有の方法については今後、検討する。不必要に放射線診療を実施しないよう医師への研修も実施する。また、現状は技術者によって線量が異なっていることを踏まえ、厚労省は検査の種類ごとに適正な線量の目安を示す。【熊谷豪】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
    2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]