メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組4強 第1シード撃破 日本人ペア16年ぶり

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第11日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス準々決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が今年の全豪オープン優勝の第1シード、ティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組を7-6、6-3で破り、準決勝に進んだ。日本人同士のペアでベスト4入りは2002年大会4強の杉山愛、藤原里華組以来16年ぶり。

 女子シングルス準々決勝で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)がマリア・シャラポワ(ロシア)を…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです