メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組4強 第1シード撃破 日本人ペア16年ぶり

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第11日は6日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス準々決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が今年の全豪オープン優勝の第1シード、ティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組を7-6、6-3で破り、準決勝に進んだ。日本人同士のペアでベスト4入りは2002年大会4強の杉山愛、藤原里華組以来16年ぶり。

 女子シングルス準々決勝で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)がマリア・シャラポワ(ロシア)を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです