メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/4 不作為の歴史省みず

ドイツ精神医学精神療法神経学会が入居するビル=ベルリンで、ザンドラ・ベルケ撮影

 「ずっと重荷を背負っている感覚だった。優生学には絶対戻らないとの共通認識があったが、恩師や先輩の過去は問えなかった」。日本健康学会の理事(67)がため息をつく。

 ナチス・ドイツの断種法に倣い、日本で初めて「優生」を冠した国民優生法(1940~48年)。優生保護法(48~96年)の源流となった法律の制定を進めたのが前身の日本民族衛生学会だった。およそ80年の時がすぎた今、学会は自らの歩みを検証し、見解をまとめようとしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  3. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  4. コート内外のギャップも魅力 大坂なおみ、全豪4強
  5. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです