メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガザ

「足を銃撃され重傷の男性多い」現地の惨状を報告

パレスチナ自治区ガザのシファ病院で、左足を銃撃されたパレスチナ人の少年を治療する渥美智晶さん(右から2人目)=「国境なき医師団」提供

「国境なき医師団」の医師と看護師、都内で記者会見

 パレスチナ難民の帰還を求めるデモが続くパレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍との衝突による負傷者を治療した「国境なき医師団」の医師と看護師が6日、東京都内で記者会見し、現地の惨状を報告した。足を銃撃され重傷を負った若い男性が多く、重い障害が残る恐れがあるといい、暴力の停止と国際社会の支援を求めた。

 会見したのは、5~6月にガザの病院で手術を担当した外科医の渥美智晶(ともあき)さん(42)と看護師…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです