メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動適応法

効果検証のシステム構築不可欠

 地球温暖化による社会的、経済的影響に対応する「気候変動適応法」が6日成立した。地球温暖化対策に特化した法律は、温室効果ガス排出量を削減させる「地球温暖化対策推進法」(1998年成立、温対法)に次いで2例目。環境省は両法を「温暖化対策の車の両輪にしたい」と意気込むが、そのためには今後、効果を検証するシステム構築が不可欠だ。

 これまでの国の適応策の基本は、2015年に閣議決定された「適応計画」。各省庁の既存政策を並べただけ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更
  5. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです