メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動適応法

効果検証のシステム構築不可欠

 地球温暖化による社会的、経済的影響に対応する「気候変動適応法」が6日成立した。地球温暖化対策に特化した法律は、温室効果ガス排出量を削減させる「地球温暖化対策推進法」(1998年成立、温対法)に次いで2例目。環境省は両法を「温暖化対策の車の両輪にしたい」と意気込むが、そのためには今後、効果を検証するシステム構築が不可欠だ。

 これまでの国の適応策の基本は、2015年に閣議決定された「適応計画」。各省庁の既存政策を並べただけ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです