メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委

非公開ヒアリング制限 審査の透明性確保

 原子力規制委員会は6日の定例会で、各種の審査会合の前、事務局の規制庁が電力会社などから説明を聞く「ヒアリング」の回数を制限する方針を決めた。審査会合を公開している一方、ヒアリングは非公開のため、審査の透明性が損なわれると判断。特に、原子力施設の新規制基準適合性審査に関する場合、それぞれの会合で原則2回までと厳しくする。

 ヒアリングは事務局が事前に事業者の考えをまとめ、審査会合の議論をスムーズに進める効果があるとされる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです