メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委

非公開ヒアリング制限 審査の透明性確保

 原子力規制委員会は6日の定例会で、各種の審査会合の前、事務局の規制庁が電力会社などから説明を聞く「ヒアリング」の回数を制限する方針を決めた。審査会合を公開している一方、ヒアリングは非公開のため、審査の透明性が損なわれると判断。特に、原子力施設の新規制基準適合性審査に関する場合、それぞれの会合で原則2回までと厳しくする。

 ヒアリングは事務局が事前に事業者の考えをまとめ、審査会合の議論をスムーズに進める効果があるとされる…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです