メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/174 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(9)

 タケシはもともと理屈が得意だった。幼い頃はあまり生意気な屁(へ)理屈をいうなと、大人に叱られたこともある。筋道を立てて考えるのが好きなのだ。だが、この焼夷(しょうい)弾の雨のなか逃げ道を見つけだすのは、大好きな建築の構造を考えるのとは訳が違っていた。間違えれば命はないのだ。それも自分だけではない。時田家の七人全員の命が危ない。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです