メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

気がつけば「オバサン服」?=残間里江子

 先日、京都を訪れたら、あちこちで外国人旅行者と日本人のシニア女性が行き交うにぎやかな光景が展開されていた。

 そこでふと気がついたのだが、いつの間にか我らが世代の女性たちの旅行着が地味なスタイルになっているのだ。

 かつてカタカナの「オバサン」が広まった時、40代の私たちは言い交わしたものだ。「年を取ってもオバサンくさくならないようにわび・さび系の服は着ないようにしようね。旅は非日常なのだから実用的な服は避けて、日ごろ着られないような洋服を持っていこうよ」と。

 今は亡き作詞家の安井かずみさんに言われた言葉も忘れられない。「しわになりにくいからと旅行着をポリエ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです