メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

たたき2戦目、ブラゾンドゥリス (土曜競馬)

東京11R・アハルテケS(オープン・ハンデ)

 ダート1600メートルで行われた過去5回、連対馬は(3)(11)、(2)(1)、(10)(5)、(1)(6)、(8)(4)番人気の組み合わせで決まった。上位1~3番人気は2、1、1連対とパッとせず、6、8、10、11番人気からそれぞれ1頭ずつが連対。人気薄馬の食い込みに警戒したい。

     馬連配当は8350円、370円、2万2520円、3290円、8600円。2014年に2、1番人気でゴールして370円で堅く収まったものの、15年には10番人気が勝利して2万馬券が飛び出す大荒れ。波乱を視野に入れた馬券検討が必要となっている。

     一方、3着に6、4、6、7、10番人気が入線した3連単配当は、15万円台、4570円、53万円台、7万円台、57万円台。こちらも5回中3回で10万超の高配当が出ている。ハンデ戦らしく荒れるレースで、14年を除くと、6番人気以下の伏兵馬が毎年2頭ずつ馬券に絡んでいる。

     ステップは連対10頭全馬がダートからの臨戦で、(かきつばた記念=ブリリアントS)(アンタレスS=オアシスS)(欅S=マーチS)(オアシスS=欅S)(総武S=栗東S)の組み合わせでワンツーフィニッシュした。データは少ないが、オープン特別のオアシスS組と欅S組から、それぞれ2頭ずつ連対している。

     年齢別は4~9歳以上馬が2、21、29、15、7、3頭出走して、1、3、4、1、1、0連対。連対率は50、14、14、7、14、0%。連対馬は幅広い世代から出ているが、連対数で5、6歳馬が有力となっている。

     また、連対馬のハンデを見ると、(57・5=55キロ)(57=57・5キロ)(56=55キロ)(54=53キロ)(55=55キロ)で決着。一昨年は53キロの軽量馬が2着に食い込んでいるが、残る9頭は54キロ以上の中、重量馬だった。

     東西対決は、関東馬が23頭出走して3連対(連対率13%)、関西馬は54頭で7連対(同13%)。関西馬が連対数で関東馬をリードしているものの、率は互角。関東馬の出番も十分にある。

     ブラゾンドゥリスは前走の栗東Sで首差の2着。ブリンカー効果でレースに集中ができ、好位でスムーズに立ち回れたのが大きかった。3カ月ぶりをたたき2戦目。マイルは昨年11月以来となるが、【3213】と好相性。単勝から勝負してみたい。馬単は(6)←→(8)、(6)←→(16)、(6)←→(2)、(6)←→(11)、(6)←→(15)。3連単は(6)←→(8)から(16)(2)(11)(15)と、(6)←→(16)から(8)(2)(11)(15)への3着流し。

    東京9R・八王子(はちおうじ)特別(1000万下)

     準オープンに昇級してミキノトランペットは1馬身半差、半馬身差で連続2着。勝ち切れないが、安定した先行力で連を確保している。初の東京でも1000万下に降級すれば能力は一枚上。順当に勝ち上がる。

    東京10R・江(え)の島(しま)特別(1000万下)

     ここも4歳降級馬ソーグリッタリングを狙い撃つ。今年2戦の1600万下で、3/4馬身差4着、頭差2着。強敵相手に差のない競馬を繰り広げてきた。マイル戦は全3戦中2勝を挙げている得意の距離。まず大崩れは考えられない。

    阪神11R・安芸(あき)S(1600万下)

     アードラーは前走で1600万下を勝って再び同条件。その前走は行き脚がつかず後方からとなったが、直線外に出すと矢のような伸びで突き抜けた。激走の反動さえなければ、連勝は濃厚とみた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです