メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「かみさま、どうして いちども テレビに でないの?/キム」…

 「かみさま、どうして いちども テレビに でないの?/キム」。米国の子どもたちが書いた神様への手紙を谷川俊太郎(たにかわ・しゅんたろう)さんが訳した「かみさまへのてがみ」(サンリオ)だが、その続編にこんな手紙もある▲「もっとまえに てがみ かかなくて ごめんなさい でも じを かくのを こんしゅう ならった ばかりなの/マーサ 5さい」。一方こちらの5歳の女児が覚えたての字で記したのは両親への「ゆるして」という哀願だった▲「もっともっときょうよりか あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」「あそぶって あほみたいだから やめるから もうぜったいぜったいやらないからね ぜったいやくそくします……」▲書き写していても胸が苦しくなる船戸結愛(ふなと・ゆあ)ちゃんの“てがみ”である。1日1食しか与えられず、風呂場で冷水を浴びせられ、父親に殴られるという虐待の末、同年齢の子の3分の2に満たない体重で亡くなった結愛ちゃんだった▲「かみさまへのてがみ」にはこんなのもある。「かみさま、あなたって ほんとにいるの? そうは おもってないひとたちも いるわ。もし ほんとにいるんなら、すぐに どうにか したほうが いいわよ/ハリエット・アン」▲思わず神様もなじりたくなるむごさだが、ここは子どもを虐待から守る手立てを点検するのが大人の役目だ。神様には覚えた字で存分にあそぶ喜びを記せる天国へ、結愛ちゃんを連れて行ってあげてほしい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
    2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
    3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
    4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
    5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです