メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ巨大地震

損失、20年間で1410兆円 インフラ整備で縮小 土木学会試算

 土木学会は7日、南海トラフ巨大地震とそれに伴う津波による被害額は、発生後の国内総生産(GDP)の損失を含めると1410兆円に上るとの試算を公表した。地球温暖化の進展で懸念される台風に伴う巨大高潮の被害は、東京湾で110兆円、大阪湾では121兆円が見込まれるとした。

 同学会は、人命や財産への直接的な被害に加え、国民生活を長期的に低迷させる災害の被害額を試算。地震・津波の場合は、阪神大震災の経過を参考に発生後20年間のGDPの損失を推計し、首都直下地震は778兆円となった。単純比較はできないものの、政府の試算は南海トラフ巨大地震で220兆円、首都直下地震では95兆円で、大幅に上回る結果となった。

 報告書によると、南海トラフ巨大地震の被害額1410兆円の内訳は、破損する建築物などの資産価値から算…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです