メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

欧州懐疑派への転換=西川恵

 <kin-gon>

 イタリアは欧州諸国の中でも屈指の親欧州の国である。政治・経済・文化的な連合体の創設を目指す欧州統合を強く支持してきた。ところが1日、イタリア政治史上初めて欧州懐疑派のコンテ新政権が誕生した。

 欧州連合(EU)の単一通貨ユーロの始動を1年後に控えた1998年、第1陣でユーロに参加する国が決まった。財政の健全さなどを基準に11カ国が選ばれ、イタリアも入った。この時、イタリア中が喜びに沸き立ったことをローマ特派員だった私は思い出す。20年前のことだ。

 伊紙スタンパは書いた。「ダメなイタリアと言われ、自分たちもそう思ってきた。しかしユーロ参加を決めた…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです