メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

延命措置に文書必要? 終末期は意思表示困難 大切なのは家族との対話=回答・酒井雅浩

 なるほドリ 「意識不明(いしきふめい)になったら、人工呼吸器(じんこうこきゅうき)をつけないで」という文書を残したお年寄りの記事を読んだよ。

 記者 延命措置(えんめいそち)に関する「意思表明書(いしひょうめいしょ)」ですね。終末期(しゅうまつき)は、末期がんや老衰(ろうすい)で死期(しき)が近付いた状態です。厚生労働省(こうせいろうどうしょう)は3月、終末期の医療(いりょう)・ケアに関する指針(ししん)を改定(かいてい)し、患者(かんじゃ)の意向をあらかじめ文書にまとめておく重要性(じゅうようせい)を強調しました。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文989文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]