メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

サッカーW杯 日本の戦い 守備優先し経験生かせ=丹下友紀子(大阪運動部)

壮行試合のガーナ戦前半、ゴール前でディフェンスする(左から)長友佑都、山口蛍、長谷部誠の各選手。W杯では堅い守備が求められる=横浜・日産スタジアムで5月30日、宮間俊樹撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日に開幕する。6大会連続6回目出場の日本代表は5月31日にメンバー23人が決まり、現在は事前合宿地のオーストリアで調整を進めている。昨年9月に終わったアジア最終予選の後は苦戦が続く日本代表。私は、「面白くない」などというファンや関係者の批判をどれだけ浴びようとも、失点を避けて負けないことを優先する、堅実な戦い方に徹するべきだと思う。

この記事は有料記事です。

残り1822文字(全文2014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです