メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO国防相会議

米VS欧、NATOに影 貿易・対イラン 事務総長は懸念否定

 【ブリュッセル八田浩輔】北大西洋条約機構(NATO)は7日から2日間の日程でブリュッセルの本部で国防相会議を開く。米トランプ政権による欧州連合(EU)とカナダに対する鉄鋼・アルミニウムの輸入制限や、イラン核合意の離脱で深まる米国の孤立が会議に影を落とす。

 会議に先立つ6日のストルテンベルグNATO事務総長の記者会見では、輸入制限に伴う米国への反発が与える影響に質問が集中。ストルテンベルグ氏は「相違は深刻だ」と述べる一方、ロシアとの緊張の高まりを受けて米国が欧州での軍事的プレゼンスを高めていると強調。1966年にNATO軍事部門から離脱したフランスがその後復帰…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです