メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダ

GMと電池開発 北米向けEVに搭載

 ホンダは7日、電気自動車(EV)に使う次世代の電池や関連部品を米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同開発することで合意したと発表した。両社の北米市場向けの車両に搭載する。

 協業により生産効率を高め、EVの市場投入を加速させる。GMが研究しているリチウムイオン電池のシステムをベースに開発する。従来の電池と比べ、小型で充電時間も短縮できるという。

 ホンダとGMは2013年から燃料電池システムの共同開発を進め、20年の生産開始を目指している。今回…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  5. 鹿児島・奄美 外来種のマングース、20年かけ1%以下に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです