メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

いいものに触れる=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 先日、世界で活躍するある音楽家の方にお会いする機会があり、その方から「いいものをつくるには、いいものに触れることが大切」というお話を伺った。例えば音楽家になりたい場合、いきなり作曲を始めるのではなく、まずは一流の音楽家のコンサートをたくさん聞きに行く。すると「いい音楽とはこういうもの」ということが理解でき、そこから自分なりのアプローチでいい音楽をつくっていくことができる、と。自ら道を切り開いてこられたその方の言葉は胸に響いた。

 これはきっと何にでも言えることなのだろう。おいしいものを作ろうと思ったら、まずはおいしいものを食べ…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです