メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
岐阜大で起きた旧優生保護法下での中絶胎児による「人体実験」を告発した児童精神科医の高岡健さん。日本精神神経学会の調査報告書を指しながら振り返った=岐阜市で2018年4月18日午後0時18分、千葉紀和撮影

 岐阜大付属病院で1984年、旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的で解剖し、脳の検査をしていたことが同年、日本精神神経学会で告発された。女性は出産を望み、解剖にも同意していなかったことから「人体実験」と非難された。

 30年が過ぎて取材に応じた、岐阜大精神科の助手だった当時の主治医(62)は「今でも悪いことをしたとは思わない」と言い、こう続けた。「本人は中絶に納得していた。胎児は病理解剖しただけ。私の行為と、いま問題になっている強制不妊手術とは全く違う」

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです