メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/5止 中絶胎児を「研究解剖」

岐阜大で起きた旧優生保護法下での中絶胎児による「人体実験」を告発した児童精神科医の高岡健さん。日本精神神経学会の調査報告書を指しながら振り返った=岐阜市で2018年4月18日午後0時18分、千葉紀和撮影

 岐阜大付属病院で1984年、旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的で解剖し、脳の検査をしていたことが同年、日本精神神経学会で告発された。女性は出産を望み、解剖にも同意していなかったことから「人体実験」と非難された。

 30年が過ぎて取材に応じた、岐阜大精神科の助手だった当時の主治医(62)は「今でも悪いことをしたとは思わない」と言い、こう続けた。「本人は中絶に納得していた。胎児は病理解剖しただけ。私の行為と、いま問題になっている強制不妊手術とは全く違う」

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです