メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊訴訟 「国は反省していない」 書面「不作為」否定、憤る被害者ら

 「救済法を作る義務はない」--。旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代女性が国を相手に起こした国家賠償請求訴訟で、国と国会の「不作為」を否定する国側の主張が明らかになった。原告側は「被害に向き合っておらず反省もしていない」と強く反発し、国の指示で不妊手術を受けた個人の記録保全を担う自治体職員からも「国がここまで後ろ向きなんて」と疑問の声が上がった。【遠藤大志、安達恒太郎】

 「甚大な人権侵害の事実に向き合い、反省する姿勢のかけらもみえない。旧法の違憲性について一切言及がな…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文949文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]