メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライフスタイル

「世界一受けたい授業」出演で大ブレークの予感! ラ・ピーナ(LA PINA)さんの「I LOVE TOKYO」が面白い5つの理由(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

イタリアで2017年国民的ベストセラーとなった東京賛歌本「I♡TOKYO」の日本語版が発売中! その発売を記念し、ラ・ピーナさんが来日し、なんと「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で授業をやっちゃいました! 日本人でさえ気がつかない東京の魅力を、「日本のおもてなしサービス」という形で、ランキング紹介してくださいました!

 

 

さてまずは「I LOVE TOKYO」の基礎情報

◎ラ・ピーナさんはイタリア人ならほとんどの人が知っているスーパースター

◎「I LOVE TOKYO」」の原書は、イタリアで5万部を突破して社会現象化!

◎なんとノンフィクション部門9週連続一位を記録!

◎この本の効果で、イタリアからの訪日客が増加(イタリア商工会議所談)

◎大成功を受け、第二弾「I LOVE JAPAN」を現在執筆中

◎お父様が有名建築家のアンドレア・ブランツィ氏。寄稿文あり。

 

それから著者、ラ・ピーナさんとは?

ラ・ピーナ LA PINA

ラジオ局Radio Deejayの帯番組「ピノッキオ」の司会者。ディエゴとラ・ヴァレをパートナーに3人で繰り広げるトークが大人気。ラッパーとして活躍したのち、ラジオDJへ情熱を傾ける。日本への情熱も満載で、12歳のときから、最低毎年1回は日本を訪れている。好きな街は巣鴨。

 

エミリアーノ・ペペ EMILIANO PEPE

ナポリ出身のミュージシャン、歌手、音楽プロデューサーで、ラ・ピーナさんのご主人。時差ボケが苦手だが、日本へ行くのをやめられない。本書のサウンド・トラックを担当。QRコードから視聴可能。

 

という感じなのです。日本、そして東京の魅力を、イタリア人ならではの視点で書いてくれているのですが、まあなんというか、これがただのガイド本とは全然違うんです!

 

その面白さの秘密はこの5点!

 

①内容がいまどきで、正しい

外国人による「日本論」はやや偏向的で、サラリーマンなどを面白おかしく扱うものも多いですが、本書は実にリアル。例えば…「もし、あなたたちがこの天国で道に迷ったら? パニックになることはまったくない!」と始まる“日本人への質問の仕方”。「まず最初に、にっこり微笑む。そして、地図を両手で持って、近くを通りかかる人にそっと近づく。叫んではダメ。すると、日本人はなんとかしてあなたたちを助けようと、完璧なまでの道案内を試みてくれるはず。彼らの英語の発音は、私たちイタリア人と同じくらいにへんてこだけど、忍耐強く話し合えばきっと通じるから!」

 

 

②意外な視点が面白い

日本人がまったく何も思わない点をフィーチャーしていて面白い。「日に出る国は、タオルに統治されています。あなたも、必ずやタオルにひれ伏すことになるでしょう。季節によって、熱々だったりヒヤヒヤだったり、湿ってたり、紙製だったり布だったりしながら、タオルがあなたの到着を待っています」。え、そうなの? そんなのどこの国でも一緒なのでは……でも違うみたい! たとえば居酒屋などで、トイレの後にもおしぼりをくれると言うのは、大変丁寧で清潔な文化なのです。

 

③徹頭徹尾日本を愛しリスペクトしている

日本人は思いもよらないような、イタリアからの絶賛が得られるのも大きな特徴。「日本人の美しさは生まれつきで、イタリア人にはないんだもの。でも、彼女たちみたいにきれいになれる気がするから、日本風のケアをするのに夢中になっています」なんて! 日本人からしてみると、イタリア人女性は美の象徴! くらいに思っているのに、実際は逆もそう思っているみたい。ファッションについても多く言及…というか、絶賛してくれちゃってます!

 

④ラジオDJらしくとにかくポップ!

「えー、ところで、カンパイ! ですが、イタリア語で何ていうかを聞かれたら、“チン・チン!”ではなく、“サルーテ!”を推奨します。なぜなら、チン・チンは、日本語の意味は、“カッツォ(おちん○ん)”だから。ちなみに、この手のお店はいつも安いとは、限りません。笑って笑って、冗談を飛ばしあって、カンパイしまくって……楽しんだ最後に、お会計に平手打ちされることも。カッツォ!」。この辺のノリの良さはラジオDJならでは! ウイットに富んだ表現も楽しめます。

 

 

 

⑤イラストがキャッチ―でかわいい!

日本人が見ても楽しくキュートなイラストが満載! 実はこのイラスト、ラ・ピーナさんのご友人のイラストレーターさんによるもの。イタリア人なんだけど、なんだかタッチが日本的というか、超可愛い!

 

では最後にラ・ピーナさんから日本の皆さんへのメッセージをお届けします!

 

「初めて日本を訪れたとき、まさにひと目惚れでした。あの頃の私がイメージしていた未来と似ていて、私の家からこんなにも遠いのに居心地良くて、優しい国。あれから、何度も日本を訪れてるけど、あのときの気持ちは、今も忘れられない。そして、これからもきっと、忘れることはないでしょう。

 

愛する日本で、日本への想いが詰まった本が出せるなんて、ものすごい興奮と恥ずかしさでいっぱいです。まるで、大好きな男の子に告白するときみたい。気持ちを伝えられるのは嬉しいけど、もしかしたら断られてしまうかも。でも、グイグイ攻めるのがイタリア女性の恋愛流儀。

だから…先に言うわ。

 

東京さん、愛してる!

I LOVE TOKYO!」

 

【書籍情報】

 

書名:I LOVE TOKYO
著者: LA PINA(ラ・ピーナ)

翻訳:岩田デノーラ砂和子
価格:本体1200円+税

【ネット書店でのご購入はコチラ】
Amazon
楽天ブックス
セブンネット
学研出版サイト

 

【関連記事】
何が書いてある? それっていったいどんな意味?「御朱印」の真実
科学で恋愛は成就する? 賛否両論のオーストラリア婚活番組「一目で結婚」が示していること
「モスクワの空港」が飛躍的に進化!! 手荷物受取場にウキウキのロシア国民
フランス都市部で飼育者増加中! でもなぜ「ニワトリ」なのか!?
「1日乗り放題の券はありますか?」海外で電車移動するときに必ず使う英語フレーズ

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです