メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日高六郎さん死去

「行動する知識人」であり続けて

日高六郎さん=2005年7月、塩入正夫撮影

 「帰ってくる度に日本が閉じつつあるのを感じる」「戦争とともに生きた世代は、間もなくいなくなる。今の日本をどう開くことができるか」。日高六郎さんがそう熱を込めて語るのを聞いたのは2005年のことだ。そのころパリ郊外に住んでいた日高さんが戦後60年の夏、著書刊行などに合わせて一時帰国し、東京都内で開かれた米寿と出版を祝う会の席だった。

 戦後の平和運動、市民運動とともに歩んだ人である。60年安保闘争からベトナム反戦、水俣をはじめとする…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです