メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日高六郎さん死去

「行動する知識人」であり続けて

日高六郎さん=2005年7月、塩入正夫撮影

 「帰ってくる度に日本が閉じつつあるのを感じる」「戦争とともに生きた世代は、間もなくいなくなる。今の日本をどう開くことができるか」。日高六郎さんがそう熱を込めて語るのを聞いたのは2005年のことだ。そのころパリ郊外に住んでいた日高さんが戦後60年の夏、著書刊行などに合わせて一時帰国し、東京都内で開かれた米寿と出版を祝う会の席だった。

 戦後の平和運動、市民運動とともに歩んだ人である。60年安保闘争からベトナム反戦、水俣をはじめとする…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです